ビタミン剤 ニキビ

背中ニキビによい物とされているのがビタミン剤

背中ニキビに限らず、ニキビによいとされるビタミン剤ですが、
最近は、皮フ科だけではなくニキビ外来といった専門の病院でも、

サリチル酸といったニキビに効果のあるお薬と一緒に、
ビタミン剤も処方されることが多いです。

 

ビタミン剤は食材で摂取するよりも効率よく補給でき、手軽なので
とても人気があります。しかし、ビタミン剤がニキビによいと
されるものの、摂取のしすぎには気をつけたい
ものです。

 

最初のうちは背中にニキビができなくなる、ニキビが治るように
なったなどの効果を得られるものですが、本来必要である以上のビタミンを摂取すると、それが体は当たり前と感じ、治りにくくなっているのです。

 

》》 背中ニキビに人気の美白ジェル

 

ビタミン剤などは手軽に取り入れやすいので、毎日飲むようにするなどと、
日常に取り入れる人も多いですが、続けることで効果は薄くなり、
逆に症状がひどくなってしまうこともあります。

 

ビタミンは補酵素のことであくまでわき役に過ぎません。副作用も心配です。
ビタミンB剤、ビタミンE、葉酸、ビタミンCの摂りすぎは体臭の原因や、
薬剤性光線過敏症、大腸がん、尿路結石のリスクもあるとされています。
ニキビや肌荒れによいといっても飲み続けることは避けましょう。

 

 

背中ニキビにビタミンB2、B6、ビタミンCを摂取は?

 

ビタミンB2は皮膚炎に関連し、脂質の代謝を促す効果を得ることができ、
ビタミンB6はアミノ酸の物質代謝に関与するビタミンで、
欠乏することで皮膚病を。またビタミンCは美容効果のあるマルチビタミンで、

これが不足するとシミや色素沈着などの原因になります。

 

効果的にビタミンB2を補給したいのであれば、ビタミンB2が
多く含まれた食材を摂取するのがベストです。

 

ビタミンB2を多く含む食材として知られているのはカマンベールチーズ
レバー、うなぎ、のり、納豆、ヨーグルト、卵などです。
ビタミンB6を多く含むのは牛レバー、玉子、サンマ、マグロ、カツオ
玄米や豆類などで、またビタミンCカリフラワー、レンコン、ジャガイモ
キャベツ、ピーマンなどに含まれます。

 

一般的に食卓に並べやすい食材も多いですので、こういった食材を
積極的にとることで、ビタミンB2、B6、BCの補給に役立ちます。
こういった食材を摂取しながら、背中ニキビ用化粧品でのケアがおすすめです。

 

詳しくは⇒背中ニキビに悩みたくないためのジェル

 


このページの先頭へ戻る