ニキビ 睡眠時間

ニキビにいい睡眠時間は成長ホルモンが高まる時間帯!

ニキビが出来やすい人の原因として挙げられるのが生活習慣の悪さです。
過度なダイエットや、食事制限、ストレス、喫煙、睡眠不足などが
ニキビの出来やすいお肌を作ってしまっています。

 

もちろん、常に清潔を保つ、綺麗に洗う、汗をかかないようにする

などといった表面的なケアも大切となるニキビですが、
もっと大切なのは、この生活習慣。

 

特に睡眠はすぐにでも改善が出来、効果も現れやすいので、まずは正しい睡眠を行えるように改善していきましょう。

 

ちなみに、あなたの睡眠は何時間でしょうか?また、何時から何時までを睡眠時間として取っているでしょうか?
人それぞれ睡眠時間は違うものであり、1日10時間寝る人もいれば1日4時間の睡眠でも眠くならないという人もいます。

 

健康的な睡眠時間の平均と考えれば7〜8時間は寝たほうが
良いとされています。これは、眠っている間に様々な健康効果が
得られるためです。

詳しくは⇒背中ニキビに人気の美白ジェル

 

 

ニキビは肌に出来るものですが、肌も寝ている間に再生します。
寝ている間の栄養分は、皮膚に十分行き渡るようになっているので、
ニキビが出来やすい人は、たっぷり睡眠を取ることが大切なのです。

 

とはいっても忙しい現代人。なかなか睡眠時間が取れないと
思っている人も多いと思います。確かに、仕事から帰ってご飯を食べ、
お風呂に入ったら、あっという間12時を回っていた、なんて経験も
皆さんされているのではないでしょうか?

 

では、どのようにして効率良く睡眠を取れば良いのでしょうか?
答えはゴールデンタイムにあります。良くテレビなどでも使われていますが
睡眠のゴールデンタイムは、22時〜4時頃までです。

 

この時間に睡眠を取ることが出来れば、その他の時間に寝るよりも、
グッと質の高い睡眠を得ることが出来るのです。

 

 

逆に睡眠時間をきちんととれていなければ、古い角質が残り、
それを餌にして細菌が繁殖してしまいます。
ニキビの大きな原因の1つになりますので、ゴールデンタイムには、
しっかり睡眠をとり、なるべく朝方の生活をすることが望ましいと言えます。

 

詳しくは⇒背中ニキビに悩みたくないためのジェル

 


このページの先頭へ戻る