ニキビは季節によって悪化する

ニキビは季節によって肌の状態が微妙に変化

季節によってニキビの状態が変化することは珍しいことではありません。
環境要因や肌の状態が大きく関係してくるため、ニキビがいつ頃出やすいのか
自分で把握しておくことは予防医療の面でも推奨されている事実なのです。

 

季節で考えると冬の乾燥が落ち着いてくる春先、そして毛穴が開いて
皮脂分泌が活発になる夏場に肌の不調を訴える人が多いと言われています。

春先のニキビとアレルギー

 

近頃では花粉症を煩っている人が急増していますが、
花粉症のように何らかのアレルギーを発症している場合
肌トラブルを起しやすいのです。

 

また、社会や学校などといった環境の変化によるストレスを
抱え込むことで、自律神経のバランスが崩れてしまい、
約28日の肌のターンオーバーを狂わせてしまうことがあるのです。

 

このターンオーバーとは肌の上部の組織である表皮に存在する角質が、
外部からのバリア機能として肌を保護するために働き、やがて剥がれ落ちる
までの過程を表しています。

 

皮脂と汗による夏の胸や背中ニキビ

次第に気温や湿度が上昇し夏になると、汗腺や皮脂腺が大きく開くため
皮脂と汗がたくさん分泌され、胸や背中ニキビに影響を及ぼします。

 

このとき肌を清潔に保っておかなければ、アクネ菌などの細菌類が肌に増えることで少しの刺激でも炎症を起してしまうのです。

 

また汗をたくさんかくと肌のphバランスが弱酸性からアルカリ性に傾いてしまい、肌を必要以上に緩めた結果ニキビが出やすい環境を招きます。

 

弱酸性系の洗顔剤や基礎化粧品などを使用して、
特に肌を露出する夏場はデコルテ部分のバランスを日常的に整えておくことをお勧めします。

 

また夏の日差しは顔への負担が大きく、紫外線防止効果のある日焼け止めや、
カバー力のあるファンデーションなどは毛穴詰まりを起しやすいため、洗顔でしっかり
落とし洗顔後は素早くスキンケアで肌の保湿を心がけることが重要です。

 

乾燥が及ぼす秋と冬のニキビ

秋冬は意外なことに、肌の乾燥が原因の多くを占めると言われています。
乾燥すると肌表面の角質層がスカスカと隙間ができるのでニキビや吹き出物が
でやすく、また次の春や夏にトラブルが出やすい状態を作ってしまいます。

 

室内では十分保湿しながら暖房を入れること、スキンケアは保湿力の高い化粧水を
たっぷり浸透させ、オイリー肌、ニキビ肌用の乳液やクリームを使用しましょう。

 

自分の肌がどの季節にトラブルが起こりやすいか見つけ出し、確実な対策を取ることが大切です。


このページの先頭へ戻る