背中ニキビにつながる毛穴の黒ずみ

ニキビの原因となる背中の黒ずみを治すには?

背中ニキビができる原因は、毛穴のトラブルによってアクネ菌が炎症を起こすことです。
背中は自分では確認することが難しく、常に洋服を着ているために通気性が悪く、
毛穴がトラブルを抱えがちになり、ニキビができやすくなってしまうのです。

 

また、洋服による摩擦が起こりやすいことや、寝汗をかきやすい
ことも、ニキビの原因となります。では、ニキビになってしまう前に、
毛穴のトラブルに気づき、対処することはできないのでしょうか。

 

毛穴に汚れがたまったり、皮脂が過剰に分泌したりすることで
毛穴が詰まると、中身が酸化してきます。この際、毛穴が黒
ずみます。あなたも、小鼻の黒ずみに悩まされたことはありませ
んか。このような黒ずみが、背中にもできるのです。

 

そしてこの黒ずみを放置してしまうと、そこが炎症を起こして、
ニキビになってしまうのです。背中の汚れがきれいに落ち切っているかどうかを
確認するのは難しいですが、黒ずみが無いかどうかの確認なら、多少しやすい
のではないでしょうか。

 

背中のこすり過ぎはニキビに逆効果

 

黒ずみを見つけた際、汚れを落とそうとしてゴシゴシと強くこすっていませんか?
強くこするという行為は、背中ニキビを無くすためには逆効果です。背中をこすり
すぎてしまうと、肌を守るために必要な角質までもが剥がれ落ちてしまうのです。
この積み重ねで、肌のバリア機能は衰えてしまいます。

 

すると、大切な皮膚を守るため、皮脂を分泌する機能が必要以上に働きすぎて
しまうのです。更に、皮膚の水分を保持するために、皮膚は汗をも過剰に出す
ようになります。これらは毛穴で炎症を起こし、背中の肌の状態がますます悪く
なってしまいます。

もちろん、肌の状態が悪くなれば、背中ニキビがよりできやすくなってしまうのは
言うまでもありません。また、一旦このサイクルにハマってしまうと、汗や皮脂のせいで
背中はべたついてきます。ここで多くの方がミスを犯します。

 

背中をより一層ゴシゴシとこすって洗いたくなってしまい、更なる悪循環が生まれて
しまうのです。背中を洗うときはできるだけ優しく、なるべくモコモコの泡のみで洗う
ようにしましょう。良く泡立てられた泡は余分な皮脂を吸着しつつ、水分を奪わずに
洗い上げてくれます。

 

最初はあまり洗えた感じがしないかもしれませんが、そのうちに背中のべたつきが
収まると、だんだんその洗い方に慣れていくでしょう。背中も顔も、同じ皮膚です。
ですから、同じ様に優しく洗ってあげることが大事なのです。そして洗った後は十分に
保湿をしてあげましょう。

 

 

.≫≫ 夏までに魅せる背中に [美白ジェル]!


このページの先頭へ戻る