ポツポツ 痒い

背中の洗いすぎが原因で痒みやニキビに?

背中に出来るポツポツって気になりますよね。
見えない場所にあるからこそ、そのポツポツは非常に気になりますし、手が届きにくい場所だからこそ、痒くも感じたりします。

 

これは背中ニキビと呼ばれるもので、大人がなりやすいニキビの1つで、これが出来てしまう原因の1つに洗いすぎがあります。

 

ニキビは本来、清潔が第一とされていますので、背中ニキビが出来ると、より念入りに背中を洗い流してしまう人も居るのですが、それがセラミド不足を起こしてニキビを悪化、逆効果になっている場合が多いのです。

詳しくはこちらから↓↓

乾燥から背中ニキビを守るジェル

 

背中の洗いすぎはニキビを助長、皮脂欠乏性湿疹に?

 

皮脂欠乏性湿疹ってご存知でしょうか?皮脂欠乏性湿疹というのは、
その名前の通り、背中の皮脂が欠乏し、乾燥することで痒みが起こる症状のことです。

 

背中ニキビに悩んでいる人の多くは、皮脂の過剰分泌を止めるため、
背中を綺麗にすることを重視し、皮脂を少しでも少なくしようと、
入念に洗浄しようとします。

 

しかし、洗いすぎると皮脂は欠乏してしまうものなのです。
こうなると、皮膚は乾燥してしまい、強いかゆみが生じるのです。
また、乾燥したお肌というのは皮脂が足りてない事を意味し、
それを補おうと更に、皮脂がたくさん分泌されるようになります。

 

つまり、皮脂を除去しようとして洗うという行動をしたとしても、それは、皮脂の過剰分泌を
促すことになってしまうのです。これでは、背中ニキビも出来やすい状態が続いてしまいますし、
背中の乾燥は止まらず、ポツポツとした赤みが出て痒みも止まりません。

 

皮脂欠乏性湿疹にならないためにはどうすればいいか?

洗わずに不潔な状態にしておくのはもっと悪いことだと言えますが、
皮脂はある程度、お肌にとって必要であることを熟知し、
清潔にしすぎるのも、良くないということを頭においておきましょう。

 

皮脂欠乏性湿疹にならないためにも、背中ニキビに悩んでいる人、痒みに悩んでいる人は、
保湿に重点をおいて背中の乾燥を予防するようなケアをしていきましょう。

 

 

詳しくは⇒背中ニキビに悩みたくないためのジェル


このページの先頭へ戻る