ブラ 痛い

ブラが擦れて痛いのはもしかしたら背中にニキビが…

ブラジャーをする背中や胸元は皮脂が分泌しやすい場所になります。
その中で、ブラジャーなどで通気性が悪くなってしまうと、
皮脂が毛穴に詰まり、湿疹や肌の黒ずみの原因となるのです。
その結果として出る症状がニキビです。

 

正しいブラジャーの選び方

ブラジャーによる痛みを軽減し、ニキビを出来ないようにするには、
まず、正しいブラジャーを身につけることが必要です。

 

ワイヤーは入っているものとそうでないものがありますが、
どちらの場合にせよ、アンダー部分のフィット感はブラの
選び方のポイントです。

 

深呼吸しても苦しくないものを選びます。
また、外した時に皮膚に跡が残るようであればブラが
合っていない証拠です。もうワンサイズ大きくしてみても良いでしょう。

 

次にカップのフィット感です。隙間が開かないようにする、
無理につめ込まないようにするといった事は、ブラを選ぶ上で、
大切なポイントとなります。

 

》》 背中しっかり浸透 人気の美白ジェル

 

 

また肩紐にも選び方の重要なポイントが隠されています。
ブラの肩紐というと、胸を垂れさせないためというイメージがありますが、
本当は単なる「押さえるためのもの」でしかありません。
そのため、紐をグッときつくしてしまうような着方は良くありません。

 

更にニキビ・黒ずみ・湿疹など、ブラの締め付けによる痛みを
改善したいのであれば、ブラジャーの素材にも注目してみてください。
汗を吸収してくれるような素材がベストです。

 

 

正しいブラジャーを着用すれば、ブラジャーによる炎症は抑えられ、
痛みを感じることもなくなってくるかと思います。
また、ターンオーバーが顔と比べ背中や胸元は遅いことも
原因となっていますので、ターンオーバーを促せるような物を使うのも
ブラの痛みを改善する方法の1つとして知られています。

 

》》 浸透率抜群 魅せる背中に人気の美白ジェル


このページの先頭へ戻る