アルコール ニキビ

アルコールがニキビに及ぼす影響

大人ニキビは、大人になってから出来るニキビのことで、
生活習慣とも大きく関わりがあります。その証拠に、飲み会などが続き、
つい不摂生をしてしまった時などに出やすいと言えます。

 

もちろん、アルコールが絶対に悪いというものではないのですが、
アルコールは、ニキビに効果的だとされるビタミンB群を消費しますので、
ニキビが悪化しやすく、できやすくなってしまうのです。

 

 

詳しくは⇒背中ニキビに人気の美白ジェル

 

アルコールを摂取することで何故ニキビは出来るの?

 

アルコールを摂取する時というのは、どうしてもおつまみを食べますよね。
私たちは、おつまみとして脂っこいものなどを食べることも多いので、
そういった食事バランスも大きく関わってきます。

 

アルコールを飲む時は、エダマメやサラダなどを食べるようにして、
唐揚げやポテトフライなどの脂っぽいおつまみを避けるようにするのも、
アルコールから来るニキビを減らすポイントです。

 

また、アルコールは代謝にビタミンB群を消費して
行います。そのため、アルコールを飲むことで
大量のビタミンがなくなってしまい、欠乏状態に
なってしまうのです。

 

特に、アルコールに含まれている糖分を分解
してエネルギーに代えるビタミンB1は大量に
消費
されます。その証拠に、アルコール中毒症の
方の多くはビタミンB1の欠乏症にもかかっているのだそうです。

 

ニキビは、ビタミンB群を取ると良くなるとされています。これは、ニキビの原因と
言われている脂質の代謝を促す
ためです。こういった経緯を考えると、
自ずとニキビにはアルコールが良くないということがわかってくると思います。

 

つい、週末は飲み過ぎてしまい、週明けにニキビが出やすいなどの症状がある人は、
アルコールが原因かも知れませんので、毎日のニキビケアと同時に、
ビタミンBを摂取
するのも忘れないようにしましょう。

 

背中ニキビに悩みたくないためのジェル

 


このページの先頭へ戻る