アクネ菌を知って背中ニキビを予防

アクネ菌を知り背中ニキビを防ぐ

背中ニキビができてしまう一番の原因は、アクネ菌です。
ニキビができる原因にはアクネ菌という細菌が大きく関係している
のですが、皆さんはアクネ菌について正しい知識をお持ちでしょうか。

 

アクネ菌についてきちんと理解している人は、それほど多くはないでしょう。ニキビの原因、アクネ菌について知ることで、ニキビを根本から予防しましょう。アクネ菌は身体のどの部分にも均一に存在しているわけではなく、特に好む場所により多く存在しています。

 

アクネ菌が特に好む場所、それは皮脂の分泌量が多い場所、言い換えるとニキビのできやすい場所ということになります。また、アクネ菌が苦手とするもののひとつに酸素があります。皮脂の分泌量が多く、脂や汚れによって入り口が塞がった毛穴の中には酸素が入り込むことはできません。

 

つまり、毛穴の中はアクネ菌が活発に活動するために必要とする条件が揃っている最高の場所なのです。アクネ菌は人間の体内の常在菌の一つで、誰もが体内に保持している細菌です。アクネ菌が肌上に
存在していることは決して特別なことではありません。

 

しかし、この菌が、様々な原因下で増殖することによって、肌のバランスが
乱れて弱ります。そしてその弱った箇所で炎症が起き、ニキビとなるのです。

 

アクネ菌の棲みにくい環境づくり

このアクネ菌が増殖する原因となる一番の要素は、皮脂です。
皮脂はアクネ菌の栄養源であり、結果としてどんどん菌を増殖させてしまうのです。
そして、この皮脂が過剰に分泌しがちなのが、背中なのです。背中には、皮脂腺が
多く存在し、特に背中の中央付近には皮脂腺が混在しているため、背中ニキビが
よりできやすくなるのです。

 

では、アクネ菌を肌上からゼロにすればニキビができることはないのでしょうか。
残念ながらアクネ菌は常在菌であるため、年齢や性別に関係なく私たちの肌に
常に存在し、ゼロにすることは不可能と言えます。

 

そのため、アクネ菌を減らしゼロに近付けることよりもアクネ菌が好む場所を作り
出さないことを心掛けるのが、背中ニキビ予防に繋がると考えられます。

 

アクネ菌を増やさないために最も重要なことは、背中を清潔に保ち、十分に保湿
をすることです。清潔な背中はアクネ菌による炎症を起こしにくくし、保湿によって
皮脂の過剰分泌を抑えることができるからです。背中はケアをしにくい場所では
ありますが、アクネ菌を増殖させないよう上手にコントロールしましょう。


このページの先頭へ戻る