背中ニキビ 治し方

背中ニキビの治し方は保湿が鍵!

 

背中ニキビに重要なのは、保湿です。
多くの人は、脂性肌と勘違いをしていて洗浄をしっかりと行うケアをして、
肝心な保湿を全くしないという間違ったケアをしています。

 

保湿をきちんとしなければ、皮脂はどんどん過剰に分泌しますので、それを止めるためにも、しっかりと保湿をするべきなのです。

背中は顔と同じ皮脂分泌量があります

顔のケアをしている人は、女性であればほとんどかと思います。しかし、それ以外の部分に対してきちんとケアをしている人は少ないです。

 

背中やデコルテなどニキビが出来やすい部分は、顔と同じように、しっかりと日々のケアすることが必要となります。顔と同じ皮脂分泌量のある背中だからこそ、きちんと保湿を行い、乾燥から守るようにしてください。

 

 

》》 続きはこちらからご覧になれます

 

乾燥がひどい背中はどうなるの?

 

保湿が出来ていない背中のお肌は、バリア機能が弱まるので、
皮脂が出た時に雑菌が繁殖しやすい環境にあります。

 

保湿をしっかりと行なってあげることで、雑菌は繁殖しにくい状況を作り出すことが
出来ますので、毎日背中にクリームを塗って対処してください。

 

お肌のターンオーバーを考えすぐに諦めない事

 

お肌はターンオーバーによって新しいものに生まれ変わるので、
それが生まれ変わるまでは、ニキビもニキビ跡も治りません。

 

1週間、使ってみても良くならないというのは本来当たり前のことで、
正常である場合28日もかかるターンオーバーを考えた上で、
継続してケアを行なっていくのが重要です。

 

すぐに効果が出ないと使うのを辞めてしまうという人も多いですが、お肌の生まれ変わりには
約1ヶ月の時間が必要なことを考え、その間は少なくとも使い続けるようにしてくださいね。

 

 


このページの先頭へ戻る